メインクーンは大きいけど飼いやすい?性格や特徴は?

どんな猫でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でもメインクーンは気難しそうな見た目のわりに、飼いやすい猫としても人気だ。

今回はそんなメインクーンの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

メインクーンの特徴は?

メインクーン気候が厳しいアメリカ北部にルーツを持つため、長くてフサフサの毛に覆われている。この毛は耐久性も強くて、フワフワのわりにかなりしっかりしている。尻尾にも長い毛がフサフサ生えているのでタヌキみたいにかわいい。

子猫のうちは想像も出来ないかもしれないが、メインクーンはかなり大きく成長する。オスなら8キロ前後にまで成長する子もいて、体長はしっぽの先まで1mに届くこともあるのだ。

メインクーンの性格は?

メインクーンは大きくてとても優しく穏やかな猫だ。人になつきやすく、一緒に遊ぶのも好きだから、寂しがりやの飼い主さんにも最適だろう。

頭もすごく良くてしつけもしやすく、対等なパートナーのような感じで共に過ごせるようになるかもしれない。

メインクーンを飼うときの注意点

メインクーンは丈夫で病気にも強い猫なのだが、心臓病のひとつである肥大性心筋症にかかりやすいので注意が必要だ。これは大人になったメインクーンが発症しやすく、突然死の危険性もあるので、普段から十分に観察してあげて、早期発見をこころがけたい。

また大きな体の猫なので、あまり狭いワンルームマンションなどで過ごしていると、ストレスが溜まってしまう可能性がある。できるだけ大きな空間を確保してあげられないようであれば、飼うのをあきらめたほうが良いかもしれない。

まとめ

いかがだっただろうか。

メインクーンは大きさの問題さえクリアすればとても飼いやすく、長く一緒に過ごせる猫だといえる。猫を選ぶ時の参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析