シャムネコは飼いやすい猫?性格や特徴を徹底解説!

どんな猫でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でもシャム猫は初めて猫を飼う人には少し難しい猫として知られている。

今回はそんなシャムネコの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

シャム猫の特徴は?

シャム猫といえば何といっても特徴的な毛色が印象的だ。顔や尻尾などの部分だけに濃い色の毛があり、その他の部分は薄い色という柄はシャムネコならではで、青い目と共に強い印象を与える。

シャム猫の由来はタイにあり、昔は王族しか飼うことが許されなかったという気品高い猫なのだ。それが欧米に譲渡されたことから世界中に広まり、今ではペットとして広く親しまれている子だ。

シャム猫は小柄な部類に入り、手足も長くて上品な印象がある。そんな上品さやルーツの気品が人気の秘訣と言えるだろう。

シャム猫の性格は?

シャム猫は警戒心が強めで、慣れるのに少し時間がかかるとされている。それに気難しくわがままな面もあるから、初めて猫を飼う人には少しおすすめしにくいのだ。

でも遊ぶのも甘えるのも好きな元気いっぱいな子だから、飼う時には広いスペースやキャットタワーを用意してあげると喜ぶだろう。

シャム猫を飼う時の注意点

シャム猫は寿命も少し短めで、病気にもかかりやすいものがいくつかあるから注意が必要だ。特に青い目は刺激に弱く、遺伝によって目が見えにくくなる病気にもかかることがある。

また腎臓系の病気もシャム猫にはリスクが大きく、他のネコの2倍もの発症率があるという。これにかかると脱水状態から衰弱して、最悪の場合死に至ることもあるから、早期発見を心がけて、異常があれば獣医に相談するようにしよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

シャム猫は可愛い見た目とは裏腹に、病気のリスクが高いし性格もすこし難しいから、猫に慣れた人が飼うように心がけよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析