ロシアンブルーは飼いやすい猫?性格や特徴を徹底解説!

どんな猫でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でもロシアンブルーは初めて猫を飼う人にもおすすめの猫として知られている。

今回はそんなロシアンブルーの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

ロシアンブルーの特徴は?

ロシアンブルーはグレーの分厚い毛と青い目が特徴的な小さい猫だ。目が大きくて愛らしい顔立ちが人気の秘訣だろう。

鳴き声が小さくて、ほとんど鳴かないことも特徴的で、アパートなどでも飼いやすい猫だといえる。特に子猫でもすごく大人しいから、飼いやすいとして評判が高いのだ。

ロシアンブルーはその名の通り、ロシアにルーツを置く寒い地方のネコなので、寒さには強いが暑さに弱い特徴を持つ。だから夏に留守番させておく場合は、エアコンをつけっぱなしにすることを忘れないようにしよう。

ロシアンブルーの性格は?

ロシアンブルーは非常に人懐っこくてよくなつくのだが、臆病な所があって、知らない人や騒々しい場所では怖がってしまう事も多い。だから一人暮らしで静かに過ごせる飼い主などが向いており、小さな子供のいる家庭にはやや不向きかもしれない。

ストレスに弱く、ふとしたことで体調を崩してしまいがちだから、優しく見守ってあげたい子なのだ。

ロシアンブルーを飼う時の注意点

ロシアンブルーは短毛でも毛がびっしりと生えていて毛量が多いから、抜け毛が多く出ることには注意しよう。抜け毛を放っておくと、飼い主が猫アレルギーを発症する危険性も上がるから、こまめなブラッシングや部屋掃除を心がけよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

ロシアンブルーは抜け毛やストレスの問題を除けば、性格も柔らかく病気もしにくいので、かなり飼いやすい猫だと言えるだろう。ネコ選びの参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析