猫がイカを食べると腰を抜かすって本当?科学的根拠を解説!

猫に関する迷信のような禁止事項は数多く存在するが、「イカを与えると腰を抜かす」というのは有名なものだろう。果たしてこれは科学的に正しいのだろうか。

今回はそんな猫とイカの関係について解説していこう。

スポンサーリンク

猫にイカを与えてはいけない?

猫にイカを与えてはいけないという教訓は科学的に見て正しい。それはイカに含まれるテアミナーゼという酵素が原因で、これを摂取すると体内のビタミンB1を分解してしまう作用がある。

ビタミンB1は末梢神経を正常に機能させてくれる大切な栄養素で、これが不足すると歩くこともおぼつかなくなることがあるのだ。

人間の場合はチアミナーゼに対する免疫が備わっていて問題ないのだが、猫にはそれが無いため、チアミナーゼの効果をもろに受け、健康被害がでてしまうのだ。

だから猫のエサとしてイカを与えてはいけないというのは科学的に見て正解なのだ。

またチアミナーゼはワラビやコイなどにも含まれているから、これらの食材も注意しよう。

イカを加熱すれば大丈夫?

とはいえキャットフードの原材料を見ればイカが使われていることがあるのも事実だ。これはいったいどういう事なのだろうか。

実はイカのチアミナーゼは熱に非常に弱く、加熱すれば消えてしまうので、加熱後ならば猫も食べることができるのだ。だからイカが入っているキャットフードを怖がる必要は全くない。

加熱したイカなら与えても大丈夫といっても、わざわざイカを買ってきて猫に与える必要はないだろう。もしものことがあっては大変だから、猫にイカを与えるのはキャットフードだけで十分だ。

まとめ

いかがだっただろうか。

猫にイカを与えると腰を抜かすという迷信が本当だったとは驚く声もあるだろう。これらの注意点はよく守り、愛猫と少しでも長く一緒に暮らしたいものだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析