猫の鳴き声には意味がある?6つの鳴き方を知って通じ合おう!

猫は色々な鳴き声を出す動物だ。そのそれぞれにはもちろん意味があって、猫の心理や欲求を表しているのだが、これを知らないと飼い主として適切な行動がとれない。

今回は猫の鳴き方を代表的な6つに分けて解説していく。これでネコ語がわかるようになれば、猫ともっと仲良くなれるはずだ。一つづつ説明していこう。

スポンサーリンク

猫の代表的な6つの鳴き方

一つ目:ニャー、ニャーオ

飼っているネコがこっちを見て、ニャーと呼びかけてくることはよくあるだろう。これは猫が何かを要求している時の鳴き声だ。やはり一番多いのはエサが欲しくなったときだろうが、他にも遊んでほしかったり、撫でてもらいたいときにもこのように鳴く。

何を望んでいるかまでは声だけではわからないが、鳴き声と行動を共に見ていれば分かるようになるだろう。撫でてあげてもニャーと鳴いていれば、大抵はお腹がすいているということだ。

二つ目:ニャオーン、ンニャーオ

一つ目のニャーと少し似ているが、もっと鼻にかかって粘っこいような鳴き声をしていれば、それは発情しているということだ。

良く野良猫がこのように鳴いているのを聞いたことがあるだろう。その時はそっとしといてあげよう。夜など鳴き声がこだましてうるさいが、彼らも必死だから許してあげよう。

三つ目:ニャ

飼いネコに名前を呼びかけると、ニャと短く答えることがある。これはそのままお返事をしているのだ。自分の名前を理解している賢いネコなのだろう。返事が出来たら褒めてあげてもいいかもしれない。

猫同士でもこの言葉は使うようで、近くで見ていると本当に会話をしているようで面白い。

四つ目:ゴロゴロ

ゴロゴロが鳴き声かどうかはよくわからないが、これは猫が安心して満足している際に発する言葉だ。眠そうな子を膝の上で撫でていたら、ゴロゴロと喉を鳴らしだすだろう。

そしたらリラックスしてスヤスヤ寝ようとしている証拠だ。これは声を聞かなくても、幸せそうなお顔を見れば一目瞭然のはずだ。

五つ目:シャー、シュー

猫がシャーと鳴いていたら相手を威嚇しているということだ。野良猫同士の喧嘩でよく耳にしたことがあるだろう。

飼いネコでも飼い始めた当初は、このように鳴いてくる子もいるだろう。そんな時は無理に触ったりせず、安心するまでそっとしておいてあげよう。爪を出してひっかく可能性もあるから、飼い主にも危険が及ぶ。

六つ目:ミャーオ、マーオ

最後は出来れば聞きたくない鳴き声だが、大声でミャーオと鳴いていたら、猫が恐怖を感じているという事だ。これも飼い始めなどに出てきやすい鳴き声だから、そんな時は静かにそっとしておいてあげよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

大きく分ければ猫の鳴き声はこの6つですべて説明が付くから、これを知っていればネコ語がわかったということに等しい。

ネコもこちらの声調や表情によって、飼い主の伝えたいことが分かるから、お互いに意思疎通が出来る状態になったといえよう。

これを参考にネコとより良い関係を育んでいただければ嬉しい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析