トンキニーズは飼いやすい猫?特徴や性格を徹底解説!

どんな猫でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でも
トンキニーズは初めて猫を飼う人にもおすすめの猫として知られている。

今回はそんなトンキニーズの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

トンキニーズの特徴は?

トンキニーズはシャム猫とバーミーズを交配してうまれた猫だ。最大の特徴はシルクのように滑らかで、シャムネコ柄が美しい毛色だろう。キラキラと光り輝くような体に魅了される人は多いという。

体つきはバランスのよい筋肉がついた感じで、大きさはやや小型といえる。毛は短いからお手入れも楽だ。

トンキニーズの性格は?

トンキニーズは短毛種の猫の中でも、最も人懐っこい猫とされている。先祖の片方がぬいぐるみのようなバーミーズなのだから、これも当然といったところだろう。シャムネコの少し気難しいところは完全に抜けて、人間にベタベタする猫になっている。

この子は犬などのほかのペットとも仲良くできる親和性を持っているから安心だし、頭がいいから大きな声でやたらと鳴いたりすることもない。アパートなどの近隣への迷惑が気になる場所でも問題なく飼えるのも嬉しいところだ。

トンキニーズを飼う時の注意点

トンキニーズはそんなに運動を好まないのだが、それが原因で肥満になることも多く、寿命を縮めることにも繋がるので、キャットタワーなどを設置して、遊べる環境を作ってあげよう。

また、この子は皮膚関連の病気にもかかりやすいので、日ごろからブラッシングを徹底して、異常があればすぐに発見できる体制をとっておくことが重要になる。何かあれば早めに獣医に相談するようにしよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

トンキニーズは非常に頭が良くて、性格もいいので初心者でも飼いやすい。この子を飼えばきっともっと猫が好きになるに違いない。ネコ選びの参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析