猫風邪の症状と治療法は?風邪薬が必要?自然治癒できる?

いつもは元気に走り回っている我が家の猫が、急に元気もなくなって寝込んでしまったら心配になるだろう。原因は多くの場合は猫風邪で、その場合それにあった治療をしてあげる必要がある。

今回はそんな猫風邪の原因と対策についてまとめたので、治療の参考にしていただきたい。

スポンサーリンク

猫風邪の感染原因は?

猫風邪とは一つのウイルスの名称ではなく、様々なウイルスによる似たような症状の総称だ。主なウイルスは「ヘルペスウイルス」「カリシウイルス」「クラミジア」の3種類で、これらはそれぞれ別の対処法を必要とする。

これに感染するのは子猫が多く、特に生後2、3か月までの子がかかりやすい。体調を崩してしまったら、すぐに猫風邪を疑うべきだ。

猫風邪の症状は?

前述のように、ウイルスの種類によって猫風邪の症状は様々だ。「ヘルペスウイルス」や「カリシウイルス」の場合は、鼻水やくしゃみ、食欲不振、角膜炎、結膜炎、発熱などの症状が見られる。加えて「クラミジア」が原因であればそれらに加えて、口内炎、肺炎、多発性関節炎などの症状が出てくる可能性がある。

特に子猫の場合は免疫力が低いため、重症化すると脱水症状が起きて衰弱することがある。ひどい場合は肺炎につながることもあるため、少しでも症状が出れば迅速に獣医に相談しに行くことが大切だ。

猫風邪の治療法

猫風邪は通常であれば自然治癒できる。しかしそれが長引いて重症化した場合、何らかの後遺症が出る場合もあるから、やはり獣医に見てもらうのが一番だろう。獣医ではウイルスに合った投薬治療をしてくれるから、普通であれば1週間から2週間で病気は良くなる

その際は点眼薬などの症状を緩和するための薬も出してもらえるから、猫が苦しむ姿はすぐに緩和されるだろう。

気になるのはやはり治療費だろう。初診料が数千円、1週間分の薬代が1万円ほどになるはずだ。もし入院となった場合はこれに加えて、1日5千円ほどが必要になる。そんなに安いものではないから、ペット保険に加入しておいても安心だろう。

猫風邪に人間の風邪薬は使える?

猫の風邪に人間の風邪薬は使うべきでない。全く違う動物なのだから当然のことだろう。ペットを実験台にするような真似は絶対にやめて欲しい。愛する猫を殺すことにもなりかねない。

またネット通販などでネコ用の風邪薬を飼うことも出来るのだが、前述のようにウイルスの種類は複数あるから、素人にはどれをあげてよいのかわからないはずだ。横着せずに獣医に見せよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

猫風邪は簡単な病気に見えて、実はかなり厄介なものなのだ。猫が苦しむのをいち早く救うために、最善の努力をしてあげよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析