フレンチブルドックは飼いやすい犬?特徴や性格を徹底解説!

どんな犬でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でもフレンチブルドックは初めて犬を飼う人にもおすすめの犬として知られている。

今回はそんなフレンチブルドックの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

フレンチブルドックの特徴は?

フレンチブルドックの一番の特徴といえば、何といってもヤクザのように眉間にしわの寄った表情だろう。頑固オヤジのような顔つきは好き嫌いが分かれるものの、ユニークな見た目から非常に人気が高い。

体長は室内飼いに適したサイズで、体重も大きくても10キロ程度にしかならないから安心だ。でもよく食べる子もいて肥満のリスクは意外と高いから、エサのあげ過ぎには注意しよう。

フレンチブルドックの性格は?

フレンチブルドックはその見た目のイメージ通り、かなり頑固な一面を残した犬だ。大きなブルドッグほどでは無いが、扱いにくい部分も出てくることだろう。

とはいえ飼い主がリーダーとしてしっかりした行動をとれば、この子は従順に付いてくるようになるから、子犬のうちのしっかりしたしつけが特に重要になってくる。

フレンチブルドックを飼う時の注意点

フレンチブルドックは丈夫そうな見た目に反して、少し病気に弱く、特に呼吸器系の病気のリスクが高いとされている。これは日々の心がけで防げるようなものではなく遺伝的な性質なので、早期発見に徹することが大事になってくるだろう。

また、暑さにも弱い所があるため、夏場に留守番させておく時などは、エアコンをつけっぱなしにしてあげよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

フレンチブルドックは最初のしつけさえしっかりすれば、あとは楽に育てられる子だから、初心者の人でも飼いやすいことだろう。犬選びの参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析