猫が吐く原因と症状を徹底解説!黄色い胃液や血なら病気?

ご存じの通りネコはよく吐く動物だ。ほとんどの場合は正常な機能としての嘔吐なのだが、中には深刻な病気の症状である可能性もある。

今回はそんな猫の嘔吐の原因や、異常性の見分け方などをまとめたので参考にしてほしい。

スポンサーリンク

猫が吐く主な原因

毛玉の除去

猫が吐く原因として最もよく知られ、同時に最も多い場合がこの毛玉の除去だ。猫は毛づくろいによって日常的に毛を飲み込むから、消化できないそれを定期的に吐き出す必要がある。

逆に毛玉を吐かない方が心配しなければいけないので、定期的に毛玉を吐いているか観察してあげよう。

食べ過ぎ

猫がすごくお腹を空かせている時にエサをあげると、勢いよく必要以上のエサを食べてしまう場合がある。エサを取り合う猫がいる場合、さらにその可能性が高まる。

そんな時に食べ過ぎて気持ち悪くなるのか、食べた直後に戻してしまうことがある。これも異常な事ではないから心配はいらない。でも毎食戻すようならおかしいから、獣医へ相談した方が良いだろう。

猫草でわざと吐く

猫が体に良くないものを口に入れてしまった場合、猫草を食べることでわざと嘔吐して、胃の中を綺麗にすることがある。言うまでもなくこれも正常な機能だから、何も心配することはないだろう。

猫の嘔吐で病気を疑うべき症状

上記のような理由が明白な場合の嘔吐は問題ないのだが、それ以外の要因が考えられる時はいち早く獣医に相談するべきだ。以下ではそんな、嘔吐の危険な症状をご紹介する。

胃液や黄色い液体を吐く

猫が透明な液体を吐いたら胃液、黄色い液体なら胆汁だと考えられる。どちらも軽い体調不良によって出る可能性のあるものだから、必要以上に心配する必要はないものだ。

しかしそれが毎日続いたり、1日に何度も繰り返されるようなら猫が衰弱している場合があるので、獣医に見せた方がよいだろう。

血を吐く

通常の嘔吐でネコが血を吐くことはない。もし嘔吐物に血が混じっていれば、腫瘍などがある場合があるので、すぐに動物病院へ行った方が良い。

便の臭いのするものを吐く

嘔吐物から便臭がする場合は、腸閉塞を起こしている可能性があるから危険な状態だ。これもすぐに獣医に相談しよう。

下痢などの症状を伴う

猫が嘔吐だけでなく、同時に下痢や発熱などの症状を見せる場合は、何らかの病気にかかっている可能性がある。これも素人が対処できる問題ではないことは明白だ。

まとめ

いかがだっただろうか。

単に猫の嘔吐といってもその原因や症状は様々で、なかなか掴みにくいものもあるので、普段からよく観察して異変に気づけるようにしておこう。

大切な猫が健康で暮らせるよう、必要な知識を付けて備えることが重要だ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析