猫が布団に入ってくる理由は?一緒に寝て大丈夫?おしっこは?

良くなついている猫は冬になると、飼い主の布団の中に入って一緒に寝ようとすることがある。この姿にメロメロになってしまう人も多いのではないだろうか。でもアレルギーやおしっこの心配もあるし、一緒に寝て大丈夫なのか戸惑ってしまう人も多い。

今回はそんな猫が布団に入ってくる理由やその危険性などについてまとめたので参考にしてほしい。

スポンサーリンク

猫が布団に入ってくる理由は?

猫が布団に入ってくる理由はもちろん、暖かくて気持ちの良い寝場所を確保するためだ。だからそれは猫があなたのことを危害を加えない人と信頼している証拠ともいえる。

あなたのそばを安心できる場所として認識しているのだから、ぜひとも一緒に寝てあげたいところだ。でもその主目的は暖かい場所であったりするので、夏には全く寄りつかなくなる猫が多い。

それでもがっかりすることは無い。猫とはそういうサバサバした生き物なのだから、大人しくあきらめよう。間違っても無理に一緒に寝かせるようなことはしない方がいい。

猫と一緒に寝る際の注意点

完全室内外の場合ならそれほど心配もないだろうが、ノミやダニなどの寄生虫の駆除には気を配りたい。布団がダニだらけになってしまったら取り返しがつかないことになる。

それから爪も短く切ってあげた方が良いだろう。寝てる最中に猫が寝ぼけて引っ掻いてしまう場合があるからだ。普通そんなことは起こらないだろうが、顔などを引っ掻かれては大変だ。

猫がふとんでおしっこする理由は?

トイレのしつけがきちんとできている猫なら、寝ている最中でも布団でおしっこをすることはないのだが、それが出来ていないと布団の上でもしてしまう可能性がある。特に羽毛布団の音をトイレと間違う可能性があるので注意しよう。

それ以外の場合では猫が高齢なら、腎臓や膀胱などが悪くなっている可能性があるので、一緒に寝るのを諦めるか獣医に相談した方が良いだろう。

去勢していないオスを飼っていると、スプレー行為を布団に行う場合もあるから気を付けよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

猫と一緒に寝る際にはいくつかの注意点があるものの、ベッドを共にする時間はかけがえのない大切な思い出となるだろう。

これを参考に、猫との楽しい時間を過ごしていただければ幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析