犬のダイエット方法を徹底解説!太らせないことが大切?

犬を飼う上でぜひ気を付けたいことの一つが肥満だ。パンパンに太った体も可愛いだろうが、少しでも長く健康に過ごしたいと思った場合、確実に肥満は悪影響を及ぼすし、様々な病気のリスクを上げることにもなる。

今回はそんな犬の肥満対策とダイエット方法について解説していこう。

スポンサーリンク

犬の肥満対策

犬のダイエットのことを解説する前に最も大切な事は、犬を太らせすぎないことだ。飼い主は犬の運動量や食事量のすべてを管理できるわけだから、犬が太ってしまう事自体がおかしいのだ。

ダイエットというのには大変な負担がかかるものだし、犬からすれば理不尽にエサの量を増減されているわけだから、とても可哀想なのだ。だから甘やかせるのもほどほどにして、日ごろから十分な運動をさせ、エサの量もコントロールしてあげよう。

それでも犬が太った時のダイエット方法

運動量を増やす

太った犬を痩せさせるために一番重要になるのが運動だ。食事を減らすだけでは犬に多大な負担をかけてしまうし、運動なら楽しく行えるし健康にも良い。ついでに飼い主のダイエットにもなるから一石二鳥だ。

でも太った犬が急に飛んだり跳ねたりする激しい運動をすれば、体に負担をかけてしまうので、まずは散歩の距離を延ばすことから始めよう。

食事の時間を決める

犬が欲しいままに食事を与えてしまうと、ますます太っていくばかりだ。だから食事は決まった時間に決まった量だけあげるように工夫しよう。

食事の量や時間は犬の大きさや肥満の状態にもよるから、獣医に相談したうえで決めるべきだ。

ドッグフードは固いドライタイプがおすすめ

柔らかいドッグフードは味も良いのだがあっという間に丸呑みしてしまうため、満腹感を感じるまでに時間がかかるし、食事の量も多くないと犬が満足しない。

だから固くて栄養豊富なドライタイプがおすすめだ。エサにおからを混ぜるのもダイエットに効果的だという。

まとめ

いかがだっただろうか。

犬のダイエットは焦らずにゆっくりと続けていくことが大切になる。くれぐれも犬に負担をかけ過ぎないように注意しながら行っていこう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析