犬のいびきや寝言を徹底解説!犬も夢を見るの?

犬が寝ている姿を観察していると、足をバタバタ動かしたり、吠えたりすることがよくある。これは犬が夢を見ているためで、人間と同じように犬も正常な脳の働きによって夢を見るのだ。

今回はそんな犬のいびきや寝言について解説していこう。

スポンサーリンク

犬の寝言に対策は必要?

前述の通り犬は正常な脳の働きによって夢を見るから、当然のように体も動くし寝言も言う。犬によってはその寝言が大きな吠えだったり、ブルブルと痙攣するような感じだったりして心配になるが、これも普通のことだから温かく見守ってあげよう。

ただその寝言があまりにもひどく怯えていたりするようだと、犬が日ごろから強いストレスを感じている可能性があるだろう。だからしっかりと構ってあげたり、散歩の時間を増やすなど、精神の健康を考えてあげても良いだろう。

犬のいびきは大丈夫?

寝言には特に対策は必要ないと分かったが、いびきはどうだろうか。成人男性ならその強弱はあるもののほとんどの人がいびきをかくわけだから、これも心配いらないと考えてしまいがちだろう。

しかし犬は本来いびきをかかないものだ。ブルドッグやパグのような一部の鼻が短い犬を除けば、いびきは何らかの病気のサインである可能性が高い。

特に考えられるのは軟口蓋過長症や気管虚脱などの喉の病気で、これらは獣医による処置が必要になるものだから、早めに診察を受けるようにしよう。

まとめ

いかがだっただろうか。

犬の寝言は心配いらないものの、いびきをかいていたら注意してあげるようにして、早めに獣医に相談することを心がけよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析