シェットランドシープドッグは飼いやすい犬?性格や特徴を徹底解説!

どんな犬でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でもシェットランドシープドッグは初めて犬を飼う人にもおすすめの犬として知られている。

今回はそんなシェットランドシープドッグの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

シェットランドシープドッグの特徴は?

シェットランドシープドッグはシェットランド諸島で牧羊犬として活躍していた犬で、大きさはオスの成犬で10キロ程度と、中型と小型の間くらいの体格をしている。

運動能力が非常に高くて俊敏に走り回るから、室内よりは屋外の方が飼育に向いていると言えるだろう。

シェットランドシープドッグの性格は?

シェットランドシープドッグは学習能力が高くて賢い子だから、しつけもしやすく初めて犬を飼う人でも安心して飼うことができる。愛想も良いから家族みんなと楽しく付き合えるだろう。

でも人見知りが強い所があるから、知らない人が来ると威嚇して鳴いてしまう事が考えられる。だから来客が多い家庭なら飼うのを諦めるか、しつけをよく考えるかしないと面倒な事になるだろう。

シェットランドシープドッグを飼う時の注意点

シェットランドシープドッグは皮膚病や外耳炎にかかるリスクが他の犬より高いから、毎日のスキンシップで早期発見できるようにして、異常があればすぐに獣医にみせるようにしよう。

また、毎日2回の散歩も必須で、これをしないとストレスが溜まり、そこからさまざまな病気のリスクも高めてしまう事に繋がる。これが出来ないようならこの子の飼育は諦めた方が良いだろう。

まとめ

いかがだっただろうか。

シェットランドシープドッグは最初のしつけさえしっかりすれば、あとは楽に育てられる子だから、初心者の人でも飼いやすいことだろう。犬選びの参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析