猫の発情期を徹底解説!時期や期間は?雄雌で違う?鳴き声対策は?

猫の発情期は飼い主を悩ます大問題だ。鳴き声が続くと近隣の迷惑にもなりかねないし、正しい対処法を知っておくことが大切だといえるだろう。

今回はそんな猫の発情期についてまとめたので参考にしてほしい。

スポンサーリンク

猫の発情期の時期と期間

雌猫の発情期は年に2回あり、2月~4月と6月~8月あたりになることが普通だ。地方によって多少のバラつきがあるものの、北の寒い地方以外はだいたいこの時期に収まる。それは飼いネコであって同じだ。

雄猫は雌猫の発情に反応して発情するから、特に時期は決まっていない。近くに発情したメスがいれば、いつでも発情してしまう。

発情期の期間は個体によって大きく異なるのだが、一般には生後6~8か月になった時点から交尾が出来る体になり、発情期が訪れるようになる。

雌猫の性欲のピークは2~8歳までくらいで、それ以降は徐々に落ちついてくる。だが雄猫の場合は生涯性欲を維持するものもいて、その期間に終わりはないものとされている。

猫の発情期の鳴き声は?

猫は発情期になると、大きな声でうなるように鳴くようになる。その鳴き声は粘っこいような独特の鳴き声なので、通常時との違いはすぐにわかる。

雌猫が鳴くのに呼応して、雄猫も同じように鳴き声を返すから、いつまでも終わらない鳴き合いに発展してしまう場合がある。その鳴き声は声量もかなり大きめだから、近所の迷惑にならないよう配慮をしよう。

猫の発情期対策は?

猫の発情期で最も困るのが大きな鳴き声だ。発情している限りこれを抑える方法はないから、去勢するのがやはり一番だろう。去勢には費用もかかるし、猫もかわいそうな気がするだろうが、飼い猫で交尾の予定がないなら去勢してあげた方が猫も幸せだろう。

雄猫の場合は去勢しなくても、雌猫との接触をなくすことで発情を抑えることができる。それは前述のように、雄猫の発情は雌猫に呼応して始まるからだ。雌と全く接触しなければ、ある程度はそれを防ぐことができるのだ。

まとめ

猫の発情期は飼い主を悩ます問題であるとともに、猫にとっても交尾が出来ない状態が続けば辛いものだ。そんなストレスは寿命を縮める要因にもなるし、生殖器関連の病気の原因にもなる。

だからやっぱり去勢してあげるのが一番だといえるだろう。大切な猫のために考慮してあげたいところだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析