チベタンスパニエルは飼いやすい犬?性格や特徴を徹底解説!

どんな犬でも可愛いものだが、飼いやすさは種類によって大きく異なる。そんな中でもチベタンスパニエルは初めて犬を飼う人にもおすすめの犬として知られている。

今回はそんなチベタンスパニエルの性格や特徴について解説していこう。

スポンサーリンク

チベタンスパニエルの特徴は?

チベタンスパニエルは名前の通りチベットで親しまれていた小型犬で、体長は大きくても7キロ程度だから室内飼いに丁度良い。ダライラマ法王にも親しまれた犬で、僧院でも良く飼育されるという。

フワフワの長い毛と大きく垂れた耳や尻尾が特徴的で、高貴な感じもするだろう。

チベタンスパニエルの性格は?

チベタンスパニエルは猫のような犬とも呼ばれるほど気分屋で、飼い主と遊ぶ時には一緒に走り回るが、普段は放っておいてほしいという感じでそっけない態度なのだ。これは小型犬の中でも珍しい特徴だろう。

喜怒哀楽が激しくて、知らない人に対してはかなり毅然とした態度で振る舞うから番犬として用いられることもあるという。

チベタンスパニエルを飼う時の注意点

チベタンスパニエルは少々変わったところのある犬だから、子犬のうちにしっかりとしつけをして、周りの状況に対応できるようにしてあげたいところだ。これに自信が無いようなら他の犬を飼った方が良いのかもしれない。

また、チベットで育った犬ということで夏の暑さには非常に弱いのがこの子の特徴だ。だから留守番させておく時はエアコンを付けっぱなしにするなどの工夫が必要になる。

まとめ

いかがだっただろうか。

チベタンスパニエルは最初のしつけさえしっかりすれば、あとは楽に育てられる子だから、初心者の人でも飼いやすいことだろう。犬選びの参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析