犬の甘噛みを徹底解説!噛む理由は?子犬のしつけで噛み癖は治る?

子犬と遊んであげるとき、怖いと感じるのが甘噛みだろう。小さいうちならそんなに痛くもないが、そのまま大人になったら大変だ。

友人や近所の人に危害を加える可能性のある噛み癖は、飼い主の責任としてなんとかしなければならない。

今回はそんな犬の甘噛み対策について徹底解説していこう。

スポンサーリンク

子犬が甘噛みする原因は?

1441944187srb6w

犬はもともと噛みたいという欲求を持った動物だ。だから何の訓練もしない状態では、犬は自然と噛んでしまう。主な噛む理由を挙げていこう。

ただ遊んでいるつもり

飼い主が手や足を使って遊んであげていると、子犬はそれを追いかけて遊ぶだろう。その中で甘噛みするのはある意味では自然な行為だ。犬同士の遊びの中でも普通に行われることだし、これに全く悪意はない

だからこれに対して目を見て怒ったり、叩いたりするのは意味がないどころか逆効果だから絶対にやめよう。体罰は犬との信頼関係を壊し、そのことを犬も一生覚えているという。

犬が遊びのつもりで噛んでくるのを止めさせたい場合、噛んだその場で遊ぶのを完全に中断することが有効だ。しばらくは無視して完全に放置し、そのあとでもう一度遊んであげる。そこで噛んだらまた無視だ。

これを繰り返すことで、犬は噛んだら遊んでもらえなくなることを学習する。遊んでもらえないという事は、犬にとって大変つらいことだから、大人になってもその習慣を覚えているのだ。

ストレスが溜まっている

犬を散歩もさせずに狭い部屋などに閉じ込めておくと、当然のことだがストレスが溜まってくる。ストレスが溜まると噛みたいという欲求も高まり、攻撃性に変わってしまうこともあるのだ

この場合は先ほどの対処法では効かないことが多い。根本を治療する意味で、散歩に連れていってあげたり、思いっきり遊ばせてあげることが肝心だ。

子犬のうちの過度なストレスは、様々な病気のリスクも高めるし、何より犬が可哀そうだろう。これに気を付けてあげるのも飼い主の役割だ。

まとめ

いかがだっただろうか。

犬のしつけは子犬のうちが楽だから、しっかりと噛み癖をなおしてあげるようにしよう。他人に迷惑をかけないためにもこれは必須事項といえるだろう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析