猫の予防接種は必要なの?ワクチンの種類や値段すべて公開!

人間と同じように猫にも予防接種は必要だ。とはいえ情報も少なく、どのワクチンを打ってあげればいいのかわからないという人も多いことだろう。

今回はそんな猫のワクチンについて徹底解説していきたい。

スポンサーリンク

猫の予防接種の種類は?

猫の予防接種は犬の場合とは異なり、法律で義務付けられているものはありません。しかし以下に示すような病気は命にかかわりやすく危険な病気ですので、愛ネコと少しでも長く一緒に過ごすことを考えれば、接種しておいて損はないでしょう。

猫ウイルス性鼻気管支炎

猫ウイルス性鼻気管支炎は子猫のうちに多い病気で、これにかかると衰弱から脱水症状、そして死亡と瞬く間に進んでしまうことがあります。

猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症は、前述の猫ウイルス性鼻気管支炎とともに感染することが多く、これも特に子猫にとって重大な危険性を持っています。

猫汎白血球減少症

猫汎白血球減少症は伝染でかかる恐ろしい病気で、これにかかると死亡率が非常に高く、一日で死んでしまう子も多いとされています。

猫クラミジア感染症

猫クラミジアは性感染症ではなく、感染すると化膿性の結膜炎や鼻炎をおこし、粘液性の目やにや鼻みずが出ます。

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症は他の猫との接触や、母子感染によってうつる病気で、症状は、食欲不振、貧血、リンパ節の腫れなどが現れます。これは多くの場合症状が一旦落ち着いて安心するのですが、ウイルスは体に残って蝕み続けるので危険があります。

猫免疫不全ウイルス感染症

猫免疫不全ウイルス感染症は免疫機能の低下を引き起こす病気で、感染した猫との噛み付き合い、交尾により感染します。

ワクチンの種類と値段は?

猫のワクチンで一番メジャーなのが3種混合ワクチンです。これは「猫ウイルス性鼻器官支炎」、「猫カリシウイルス感染症」、「猫汎白血球減少症」の混合で、最も危険の高い3つに絞っているので、最低限これをうっておけば問題ないという便利なワクチンです。値段は約5,000円程度と考えましょう。

混合ワクチンは他にも、「猫白血病ウイルス感染症」を加えた4種混合、「猫クラミジア感染症」を加えた5種混合、「猫カリシウイルス感染症」を加えた6種混合までありますが、もちろん値段は高くなっていきます。とはいえ最高でも8,000円くらいになるでしょう。

また、猫免疫不全ウイルス感染症は現在は単体でしか接種できないので、基本的には混合ワクチンと組み合わせて接種します。

猫ワクチンの接種時期は?

猫の予防接種の接種時期は基本的に子猫のうちなのですが、細かい時期については個体差が大きいため一概には言えません。

母ネコと一緒に育ったか否かや、猫の種類によっても変わってきますので、これは獣医と相談の上で決めるべきでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

猫の予防接種にはそれなりの費用がかかるものの、健康を考えると避けられない出費であるように感じます。これをきっかけに猫の予防接種について考え直してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析